-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-14 21:40 | カテゴリ:ドイツの風景
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ

schafgarbe.jpg


先日、お天気が良かったので街中のマルクト(市場)へ出掛けたら、
以前、薄紫色の素敵なお花を買った花屋さんで、今度は赤い色の
こんなかわいらしいお花を見つけました。

応対してくれたのも、この間と同じく、
と~っても明るくて感じの良い花屋のおばさん。

薄紫の花・秋アスターの保ちが驚くほど良かったので
そのことを伝えると、「この赤いお花も長く咲くわよ!」とのこと。

結局、今度も買って持ち帰ることにしましたが、
花の名前を覚えておきたくて訊ねると、なんとご親切にも
ドイツ語名まで付けて(!)綴りを紙に書いて下さいました。

この花の名前は、"アヒレア(Achilea)"。

ドイツ語名は、Schafgarbe

帰って調べてみたところ、セイヨウノコギリソウのことでした。


ヨーロッパ原産のキク科の植物で、葉っぱには薬効成分が含まれており、
かのホメロスの叙事詩『イリアス』にも、傷を癒す植物として
登場するのだとか。

そのため、この植物の属名が(『イリアス』の主人公の名前・
アキレウスから取って)「アキレア」というらしいです。
(ちなみに日本でも「アキレア」なんて呼ばれていますが、
ドイツ語読みだと「アヒレア」になるんですよね。)

ギザギザした形の葉っぱには、独特の "青い" 匂いがあって、
言われてみれば、いかにも何かに効きそうな感じ。
…あぁ、何というか、ちょっと畳の香りを思い出すような懐かしさ。(笑)


帰って花瓶にいけてみたら、ちょっぴりボリュームが足りなかったので、
急遽、先日の秋アスターの残りを一緒に入れてみました。

(どうでもいいけど、秋アスター、優に3週間近く保ったことになります!
それにもまたビックリなのですが。

間にちょこっと、薄いサーモンピンク色のお花が混じっているのも、
なんだか楽しくて得した気分でした☆


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+
mi.gif ランキングに参加しております。
クリックしていただけましたら、とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓    ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
a-dog.gif応援ありがとうございます!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

ドイツは日本に比べるとお花の値段が安くて嬉しいのですが、
ついつい目がいってしまうのは、こうした季節を感じられる素朴な風情の花々。
いつも見つかるわけではないですが、あるとやっぱり嬉しくなります♪



関連記事
トラックバックURL
→http://thymian.blog3.fc2.com/tb.php/60-8de65e79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。