FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-20 23:59 | カテゴリ:食材メモ
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ

moehren.jpg


これから冬に向かって、ドイツでは徐々に
手に入る野菜の種類が少なくなる時期に差し掛かりますね。

そんな時、毎日の栄養補給に重要な役割を果たしてくれる野菜の1つが、
このにんじん。にんじんには、ビタミンC、カリウム、鉄などの栄養素が
含まれているほか、血や歯を作ったり、自然治癒力を高めたりするのにも
一役買ってくれるのだそうですよ。

でも何だかドイツのにんじんKarotten/ Möhren)って、
日本のものに比べると

1. 大きさがいろいろで、細っこいものも多い。
2. 甘くて味が濃く、おいしい。
3. 色も濃く、まな板までオレンジになる。

というだけでなく、

4. 傷みやすく、案外足が早い。

気がするんですよね。


もちろんドイツの場合には、にんじんの種類が日本と違うというだけでなく、
冷蔵庫の設定温度が低めだったりとか、農薬の使用状況が違うとか、
おそらく理由はいろいろあるのだとは思いますが。

でもとにかく、日本でのように冷蔵庫にも入れずに
その辺に放っぽり出しておいてもOK!!…とは限らない。

どちらかというと、キロ単位で安く買える野菜である割には
うっかりしていると食べ切らない内に捨てる羽目になる野菜・第1位
である気がするんです。。。

そこでわが家では、とりあえずにんじんをこんな風に保存するようにしたら
ほとんど悪くしてしまうようなことが無くなったので、覚書として
(あくまで参考までに)、ひとつ、記事にしてみたいと思います。

--------------------------------
《わが家のにんじん保存法》
(※以下は、泥付きではなく、すでに一度洗われた状態で売られている
にんじんの場合です。)
--------------------------------

まずにんじんを買ってきたら、その状態をよく見ておきます。
季節にもよりますが、すでににんじんがやや濡れ気味だったり、
汗をかいているような状態だったりすることがあります。
(ビニールの袋に入った状態で売られている場合などは特に。)

そんな時は、そのままうっかり何日も放置することがないよう、
傷みそうなものから早めに使って、使い切れなかった分については
いずれ手を打てるよう、最初から心の準備をしておきます
(←これ、結構大事。笑)。

で、夏場なら1~2日、それ以外の季節であれば3~4日以内に、
にんじん全部を袋から取り出し、ヘタとおしりの部分を包丁で切り落とし
て、一旦、全体をよく水洗いします。(傷などがあれば、この時一緒に
削っておきます。)

その後、にんじんが乾かないよう何本かずつまとめてキッチンペーパー
くるみ、そのペーパーごと水で濡らして軽く絞ったら、
ビニール袋などに入れて、袋の口を少し開けたまま冷蔵庫で保存します。

あとはにんじんを使い切るまで、キッチンペーパーが乾かないように
数日おきに水を含ませればOK。にんじんを立てた状態で保存できれば
なお良いです。

--------------------------------

大抵の場合、にんじんが腐ったり溶け出したりする時は
ヘタかおしりの部分から傷んでくるので、そこだけ前もって
取り除いておくだけでも随分保ちが違ってきます。

そしてドイツの場合、冷蔵庫の中ですら(!)かなり乾燥していますので、
濡れたキッチンペーパーで包んでにんじんが乾かないようにすれば
比較的長くおいしさ・瑞々しさを保つことができます。

但し、泥付きにんじんの場合はこの限りではありませんので、ご注意を!
(ちなみに泥付きの場合は、むしろ泥を付けたままの方が保ちが良いと
言われているようです。)


ところで、保存したらば、次は消費。

ドイツのにんじんは味が濃く、とても甘いので、そのまま生でボリボリ
かじっても十分おいしいのですが、その "甘さ" ゆえに、
白いご飯に合うおかずとなるとまたちょっと工夫が必要な場合もあります。

それについては、また別の機会にでも記事にできればと思います☆


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+
mi.gif ランキングに参加しております。
クリックしていただけましたら、とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓    ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
a-dog.gif応援ありがとうございます!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+


一般的にドイツ語で「にんじん」を表す言葉としては、KarotteとMöhreの2種類が
ありますが、日常語として使う場合、両者の間に確かな区別があるのかどうかは
正直、微妙なようです…。(人によって言うことが違ったり。;)

とりあえずWikipediaによると、Karotteは交配によって生み出された
にんじんの種類だということなのですが、いずれにせよ、地域や収穫期によっても
いろいろな呼ばれ方がするみたいですね。

皆さんの街では、どんな、何という名前のにんじんが売られていますか?



関連記事
トラックバックURL
→http://thymian.blog3.fc2.com/tb.php/53-7a1de25b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。