-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-28 18:57 | カテゴリ:買い物メモ
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ
mate_tee.jpg


一度試してみて以来、とても気に入って、わが家に常備してあるお茶が
あります。

それがこちら、Bad Heilbrunner 社マテ茶Mate Tee)シリーズ。

Bad Heilbrunner 社のお茶は、以前こちらの記事にも書いたように
普段からよく買っているのですが、こんなのも出ているんですね。

というのもこちらのマテ茶、もともとはアルゼンチンやブラジル、
パラグアイ、ウルグアイなど、南米の国々で日常的に飲まれているお茶
なのです。こちらの日本マテ茶協会のHPによれば、マテ茶には
カルシウムや鉄分、ビタミンが豊富に含まれていてとても体に良く、
飲む野菜」などとも言われているそうですよ♪


わが家でも、夫が以前から飲んでみたいと言っていたので
試してみたのがきっかけでした。
以来、その飲みやすさとおいしさですっかり虜に。

Bad Heilbrunner 社から出ているマテ茶には数種類あるようですが、
わが家でいつも買っているのは大体上の3種です。

上の写真左から、

マテ・グリュンMate Tee Grün
 スタンダードなグリーンマテ茶。

マテ・オレンジMate Tee Orange
 グリーンマテ茶にオレンジのフレーバーを加えたもの。

マテ・ガラナMate Tee Guarana
 滋養強壮・疲労回復に効果があるとされる南米の植物ガラナを加え、
 さらにレモンのフレーバーを付けたもの。

です。


マテ・グリュンは割とクセのない味わいなので、日本人には
とても好まれるお茶ではないかと思います。
しかも味が緑茶にとても良く似ているので、和食のお食事時などでも
おいしく飲むことができます。

こうした異国のお茶にはすぐ何かの香りを付けてしまうドイツらしく
(笑♪)、残りの2つのお茶には、それぞれオレンジとレモンの
フレーバーが付いています。でも控えめな香りなので、
どちらも案外マテとは相性が良くてビックリ

レモン風味でさっぱりとしたマテ・ガラナの方は、
料理によっては食事時でも全然いけます。
ガラナにはカフェインが含まれているため一時的に体が元気になるので、
何か仕事や勉強などする時にもこれは良いようです。

逆にオレンジの方は、ティータイムなどリラックスしたい時に飲むのが
お気に入り。甘すぎない爽やかなオレンジの香りが、ほっとさせてくれます。


こちらの各種マテ茶は、お馴染みドイツのドラッグストア dm などで
取り扱いがあります。

私もドイツに来てから初めてこのマテ茶というものを飲んだのですが、
何しろいろいろな食事に合わせやすいし、手軽に買えて、
しかもおいしいのでお気に入りです☆


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

mi.gif ランキングに参加しております。
クリックしていただけましたら、とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓    ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
a-dog.gif応援ありがとうございます!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+


但しこのマテ茶、一応カフェインが入っておりますので、お休み前に飲むのは
控えた方が良いかもしれません!

ちなみに本場南米では、このマテ茶を専用の丸っこい容器に入れて
ボンビーリャと呼ばれる金属製のストローで飲むのだそうです。
(トップの写真の、一番左の箱に書いてあるのがそれですね。)
上記の品はお手軽なティーバック・タイプですが、夫も私も、
「いつかはこういう飲み方をしてみたいものだぜ…!」という野望を抱いております。




関連記事
トラックバックURL
→http://thymian.blog3.fc2.com/tb.php/33-82336032
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。