-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-30 17:38 | カテゴリ:食材メモ
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ
kaese_senbei.jpg


このところ、ドイツは本当に暖かいですね~

わが家は屋根裏部屋なので、昼間の陽射しがとみに強く感じられるように
なってきました。長い冬が終わって気持ちの良い季節になってきましたが、
日焼けには要注意、な感じです…。


さて先日、アジア食材店で買ってきた餅粉を使って
簡単におやつを作ってみました。

幸いうちの近所では、
赤い袋の タピオカ粉(菱粉/Tapiokamehl)、
青い袋の うるち米粉(粘米粉/Reismehl/上新粉の代用品)
緑の袋の 餅米粉(糯米粉/Klebreismehl/白玉粉の代用品)
と、3種類のお粉が買えるのですが、今回使うのはこの緑の餅粉です。

参考にさせて頂いたのは、料理ブロガーYOMEさんの
こちらのお煎餅レシピ

とはいえわが家、残念ながら現在、オーブンもトースターも使えない状況に
なっておりますので(涙)、今回もやはりフライパンで頑張ってみたいと
思います。


↑の緑の袋のお粉と水を菜箸で混ぜ、とろ~りとなるくらいに調節します。
そして、塩を少々。さらにレシピ通り、乾物のわかめも加えてみました。

(元のレシピは電子レンジで作るので「耳たぶくらいのかたさ」となって
いましたが、わが家はフライパンで焼くのでかなりゆるめの生地に
してあります。)

あとはこれを、ごま油を薄くひいたフライパンに適量ずつ流し入れ、
中火~弱火で両面パリッとなるまで焼くだけ。


さらに、今回は冷蔵庫にパルミジャーノ・レッジャーノが残っていた
のを思い出したので、それを削って生地に加え、一緒に焼いてみました。

これがまた、大当たり
焼いているそばから、チーズのこんがり香ばしい匂いが漂ってくるのです。
パルミジャーノのコクと風味が加わって、味ももちろん言うことなし。


最初に焼いたノーマルの方は、お煎餅というより焼き餅と言った方が
近いかな。結局、フライパンで焼くとわかめの風味が飛んでしまうので、
塩だけでもいいかも。。。その代わり、焼けたらお醤油をつけて海苔で巻き、
磯辺焼きにして食べるととてもおいしいです♪

カリカリのお煎餅状になりやすいのは、むしろチーズ入りの方。
こちらはカリッとおいしく仕上がりました。
ポリポリポリポリ、一度食べ出すと止りません♪


本当はこの緑の袋の米粉、蒸してから乾燥させて本物のお餅を作ろうと思って
買った物だったのですが、この方法なら水で好きなかたさに溶いて焼くだけ
でおいしい焼き餅ができてしまうので、この方が簡単かも。

お餅はお料理にも手軽に使えておいしいんだけれど、
何しろドイツで買うと高いし、送ってもらうにも重さがある物なので
弱っていました…。

でもこの方法でなら、ちょっと小腹が空いた時には磯辺焼き、
ちょっとおやつが食べたい時にはお煎餅、などいろいろアレンジもできそう
なので、なかなか使えそうです☆


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

mi.gif ランキングに参加しております。
クリックしていただけましたら、とても励みになります。
 ↓ ↓ ↓    ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
a-dog.gif応援ありがとうございます!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+


あのモチモチ感や、香ばしいお餅の香り、カリカリのお煎餅の風味を
これだけ手軽に味わえるのはいいと思うんですよね!

チーズ入り、とてもおいしいのでぜひオススメです♪

いずれにしても、これらのお粉を使うといろいろなおやつが作れます。
ドイツで手に入るのは有り難いですね~。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。