-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-18 06:21 | カテゴリ:旬のアイテム
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ





このところちょっと体調を崩していたり、近くの街まで遊びに行っていたりで
更新が久しぶりになってしまいました。

さて、そろそろ街もクリスマス・ムードなドイツですが、
先日食べたお菓子がとてもおいしかったのでご報告です。

ご報告、とはいっても、ドイツではすでに定番のお菓子だと思われます。
日本でも、お菓子好きな方々の間では有名なようです、
このヴァニラ・キプフェル


キプフェルと言えば、やっぱりこの形。
かわいらしい三日月形ですが、これにはいろいろと伝説があるよう。
1683年の第二次ウィーン包囲に関連し、オスマントルコの軍旗の三日月を
模して作られたとか、またはマリー・アントワネットがこの三日月形を
フランスに持ち込み、それが後のクロワッサンの原型になっただとか。
(詳しくは、ドイツ語版ウィキペディアをどうぞ。)

いずれにしても、もともとはバイエルンやオーストリア地域の
パンやお菓子にこうした「三日月」形、もしくは「角笛」形の物があるようで、
それが今では地方によっていろいろな名前で呼ばれているよう。

とくにこのヴァニラ・キプフェルは、クリスマス・シーズンの伝統的なお菓子として
店頭に並ぶみたいです。


で、問題のお味はというと、
とにかくサクサク、ヴァニラの香りと軽~い甘さが、とっても美味!!!

ドイツのお菓子って、総じてどっしりと重たい物が多い気がするんですが、
これはまたちょっと違うおいしさです。
アーモンドプードルが入っているので、それがこのサクサクのヒミツなのかも。



ちなみに、いつも行くスーパー(ALDI)でも
キプフェルVer. の冬季限定チョコを発見。

中にキプフェルのサクサクした粒が
入っていて、これまたなかなかに美味でした。








というわけで私のように、
「これまで気にはなっていたけれどまだ食べたことがなかった…」という方、
今年こそはぜひキプフェルをどうぞ☆


ちなみにわが家は大変有り難いことに
家の近所に2軒のコンディトライがあるのですが、
そのどちらもがなかなかにおいしいんですよ。

まだまだこれからいろいろなおいしいお菓子が登場するクリスマス・シーズン、
いつもより余分に甘い物を食べてしまいそうな予感です。

スポンサーサイト
2009-11-07 18:23 | カテゴリ:旬のアイテム
ジャンル:海外情報 テーマ:ドイツ


10月も終わり頃になると、ドイツではもうそろそろクリスマスという一大イベントの準備が始まります。日本人からするとまだちょっと早いような気もするのですが、どうやらドイツの人は「季節を楽しむには微妙にパッとしない天気だけれど、クリスマスまではまだ遠い」11月の鬱々とした気分を乗り越えつつ、長い時間をかけてクリスマスの準備を進めていくようです。

街中のお店やお花屋さんなどにも、いろいろなかわいいクリスマス・アイテムが勢揃い。思わずあれこれ目移りしてしまいます。そんな中、今年、わが家が一番最初に購入したクリスマス・アイテムがこちら。

お茶版・アドヴェント・カレンダーです。

普通、アドヴェント・カレンダーというと、クリスマス・イブまでの4週間に、カレンダーに付いている窓を毎日1つずつ開けていくと中からチョコレートが出てくるというものが主流だと思うのですが、こちらはそれのお茶版。中には24種類のお茶が入っていて、毎日1つずつ、それを飲んでいくことができるのです。

お茶の種類が事前に全部わかってしまうとつまらないのでまだ中身を詳しくは見ないようにしているのですが、中にはちょっと意表を突かれる風味のお茶もあって、何やら ロシアンルーレット的な楽しみ方もできそうな予感です。

ちなみにこの商品、私はBioのスーパーで買いました。もしご興味を持たれた方は、Bio系のお店へどうぞ。

※ところでBio(ビオ)って何?と思われた方は、こちらをご参照下さい。


昨今、ドイツではBioがブームです。良質な品でも価格が随分安くなっており、またBioスーパーには他のお店では売られていない品物も置かれていたりするのでなかなか重宝しております。他のスーパーと比べて、値段にあまり変わりがないようならやはりBioの製品を買ってしまう今日この頃です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。